Hapa英会話・468.jpg

Hapa英会話 公式サイト
L.A.の人気英語学校の超速学習法が日本上陸!



入国審査は英会話の流れさえ覚えてしまえば英語は簡単

Hapaトラベル英会話

アメリカに着くと一番最初に通らないといけないのが入国審査(Immigration)です。
でも、入国審査は「英会話の流れ」さえ覚えてしまえば、
入国審査なんて全く恐れることはありません。

では、アメリカの入国審査の「英会話の流れ」を見てみましょう。


1.パスポートの拝見(入国審査官)

「パスポートを見せていただけますか?」
・May I see your passport?

1.パスポートを渡す(旅行者)

「もちろんです。どうぞ」
・Sure. Here you go.

2.旅行の目的を尋ねる(入国審査官)

「旅行の目的は何ですか?」
・What’s the purpose of your visit?

2.目的を伝える(旅行者)

「観光です」
・Sightseeing.

3.滞在先を尋ねる(入国審査官)

「滞在先はどこですか?」
・Where are you staying?

3.滞在先を伝える(旅行者)

「ABCホテルです」
・At the ABC Hotel.

4.滞在期間を尋ねる(入国審査官)

「どれくらいの滞在予定ですか?」
・How long will you be staying?

4.滞在期間を伝える(旅行者)

「1週間です」
・For one week.

5.職業を尋ねる(入国審査官)

「職業は何ですか?」
・What’s your occupation?

5.職業を伝える(旅行者)

「会社員です」
・I’m an office worker.

6.指をスクリーンにのせるように指示がある(入国審査官)

「右手の四本指をのせてください。」
・Press the four fingers on your right hand.

「今度は左手の四本指をのせてください。」
・Now, press the four fingers on your left.

「右手の親指をのせてください。左手の親指をのせてください」
・Press your right thumb. And now your left.

7.写真を撮るため、カメラを見るように指示がある(入国審査官)
(メガネをかけている場合、はずすように指示がある)

「カメラをまっすぐ見てください」
・Look straight at the camera.

「眼鏡を外してください」
・Take off your glasses.

Hapa入国審査.PNG

この英会話の流れは、
ロサンゼルスにある語学学校で英語を教えている
セニサック淳先生が書いた「英会話の流れ」なので、
教科書英語ではなく、ネイティブが話す本物の英語です

入国審査で聞かれる質問は決まっています
質問が分かれば、
まるでカニングペーパーを見ながら話しているように英会話が出来ます。

「聞く英語」は、覚える必要はありません。
英語で聞かれたら、意味を理解出来るようになっておけばOKです

入国審査では、下記のような質問をされます。
(回答例も書いておきます。)

回答は、貴方が話す英語なので、
質問されたら、返事を出来るように回答の仕方を覚えておきましょう。


1.What’s the purpose of your visit?
(旅行の目的は何ですか?)

Sightseeing.
観光です。

Business.
ビジネスです。

Vacation.
休暇です。

To study.
留学です。

To visit friends.
友達を訪ねに来ました。


2.Where are you staying?
(滞在先はどこですか?)

At the ABC hotel.
ABCホテルです。

A hotel in Los Angeles.
ロサンゼルスのホテルです。

My friend’s house.
友達の家です。


3.How long will you be staying?
(どのくらい滞在する予定ですか?)

For 7 days.
7日間です。

For 2 weeks.
2週間です。

About 1 month.
1ヶ月くらいです。


4.What’s your occupation?
(職業は何ですか?)

I’m a student.
学生です。

I’m an office worker.
会社員です。

I’m a homemaker.
主婦です。


5.Do you have a return ticket?
(帰りのチケットはありますか?)

Yes, here you go.
はい、どうぞ。

No, not yet.
いいえ、まだです。

HapaCDロールプレイ繰り返す.PNG

「英会話の流れ」や「話す英語」は、
ロールプレイ学習をすると、
自然に覚えることが出来ます。

例えば、ロサンゼルスの超人気英語学校BYB English Centerでは、
下記の入国審査の「会話の流れ」のスクリプトを、
先生が入国審査官の役、
生徒が、旅行者の役をして、
交互に読む「ロールプレイ学習」をしています。

A:May I see your passport?
(パスポートを見せていただけますか?)

B:Sure. Here you go.
(もちろんです。どうぞ。)

A:What’s the purpose of your visit?
(旅行の目的はなんでしょうか?)

B:Sightseeing.
(観光です。)

A:Where are you staying?)
(滞在先はどこですか?

B:At the ABC Hotel.
(ABCホテルです。)

A:How long will you be staying?
(どれくらいの滞在予定ですか?)

B:For 10 days.
(10日間です。)

A:What’s your occupation?
(職業はなんですか?)

B:I’m a student.
(学生です。)

A:(Please place your right hand on this screen and look at the camera.
それでは、こちらのスクリーンに右手を置いて、カメラを見てください。)

B:OK.
(分かりました。)

BYB English Centerの日常英会話マスターコースでは、
先生と、ロールプレイ学習をしていますが、
実は、スクリプトの音声を収録したCDがあれば、
先生がいなくても、
CDを使ってロールプレイ学習をすることが出来ます。

BYB English Centerでは、
日常英会話マスターコースをできる限り再現した教材
「Hapaトラベル英会話」を開発しました。

この英語教材があれば、

カフェ、ファストフード、レストラン、
ホテル、道案内、ショッピング、飛行機の中、
Immigration(入国審査)、税関、手荷物受取所、
タクシー、スターバックス、マクドナルド、
マクドナルドのドライブスルー、バー

上記全ての状況での英会話が出来るようになります。
(株式会社チカラインターナショナルさんのメールより)


公式サイトはこちらから
Hapa英会話・360.jpg

Hapa英会話
公式サイトはこちらから


入国審査は英会話の流れさえ覚えてしまえば英語は簡単


Hapaトラベル英会話 まとめ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック